ニキビの種類

ニキビができやすい人、またそうではない人もいますよね。ニキビは思春期を境に急激にできることが多い傾向にありますが、残念ながら20歳を過ぎた大人にもニキビは簡単にできてしまいます。ニキビの種類の一つ、黒ニキビ。これは毛穴の入口で皮脂が空気と触れたことで酸化し黒く見えるニキビを指します。

また、白ニキビは毛穴はふさいでいるものの、皮脂がそこから出られなくなってしまい皮脂が白く見えてしまう状態を指します。そして白ニキビと黒ニキビが悪化すると赤ニキビと変化してしまいます。赤ニキビがさらに悪化すると膿をもったニキビができたり、色素沈着を引き起こしてしまう要因となりますので、そうなる前にきちんとケアをしていくことが大切です。なぜなら、そうなってしまってからのケアはかなりの時間を要するからです。

これらのニキビをケアするには、やはり洗顔やスキンケアの方法を見直すということが何よりも大切ではありますが、食事が不規則だったり脂っこいものが好きだったりと偏った食事をされている方もニキビができやすくなってしまいますので、まずは生活の中で見直せる部分については見直し、そして改善していきましょう。また、酷いニキビは、自力でのケアが難しい場合もありますので皮膚科等の専門の医療機関にて、しっかりと治療を行っていくことをお勧めします。大人ニキビも一度できてしまうとすぐには治りません。できないように、毎日の生活でできる限りの対策を講じていきましょう。